シミを薄くするハイドロキノンの怖い副作用

シミを薄くするといわれる美白成分のハイドロキノンは「肌の漂白剤」などといわれるほど強力な作用があるといわれています。

 

その分、副作用もあるので、使用には注意したいですね。

 

ハイドロキノンが配合されている美白コスメを使うときは、副作用も理解しておきましょう。

肌の弱い人は注意!炎症が起きる場合も

 

 

ハイドロキノンはアメリカでは美白成分として昔から有名ですが、2001年に日本で解禁になった成分です。

 

それ以前は医師の管理下のみで使用が許可されていました。

 

今でもアメリカではハイドロキノンは美白化粧品の主流。たくさんの美白化粧品に含まれています。

ハイドロキノンは強い成分なので、肌の弱い人、敏感肌の人は赤みや炎症が起きてしまう場合があります。

また、ハイドロキノンは不安定な成分で、酸化しやすいという特徴があります。

 

酸化したハイドロキノンに含まれるベンゾキノンはとても刺激が強い成分です。肌につけると炎症を起こしてしまう可能性があるので、使用期限が過ぎたものや酸化して変色したものは使わないようにしましょう。

少量でもハイドロキノンが肌に合わないという人もいるので、使用する前は必ずパッチテストをするようにしましょう。

紫外線対策は必須

 

ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを悪化させてしまうという特徴があります。

 

せっかく美白しても日焼け止めを使わずに外に出て、紫外線を浴びるとシミがひどくなってしまいます。

ハイドロキノンを使っている時、紫外線対策は必須です。

SPF20以上のクリームなどを使い、紫外線対策はしっかりと行うようにしましょう。

美白しすぎて白斑に

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど美白効果の高い成分です。

濃度の高いものを長期間使用していると、使用していた部分が必要以上に白くなり、白斑となる場合があります。

ハイドロキノン4%以下の美白コスメでは白斑は起きにくいといわれていますが、含有量が5%以上のものは長期間使う場合に注意してください。

 

ハイドロキノンは美白効果が高いといわれている成分ですが、使用上の注意や副作用はあります。

 

使用する時は、@必ずパッチテストをして、A使用期限を守り、B紫外線対策をし、Cハイドロキノンの含有量を確認するようにしてみてください。

 

メビウス製薬のシミウスジェルに配合されている美白成分はハイドロキノンではなく、高濃度のプラセンタです。

 

プラセンタは低刺激で美白効果が期待される成分。ハイドロキノンのように強い美白成分い抵抗がある方は、プラセンタ配合の美白コスメで美白ケアしていってくださいね。

 

オールインワンなので、これ一つで保湿もできますよ。