産後のシミは消えない?!妊娠中にできたシミを上手に撃退する方法

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌され、メラニンが生成されやすくなります。そのため、色素沈着を起こしやすくなります。

 

妊娠中にシミが増えてしまったという方も多いのではないでしょうか。

 

産後もまだまだ女性ホルモンが分泌されていますが、体はだんだんと元に戻っていく準備を始めます。妊娠中にできたシミも、産後に少しずつケアを始めていきましょう。

産後にシミが自然に薄くなると思ったら大間違い

 

妊娠中にできたシミは産後しばらくたてば消える、という話をたまに聞きますが、シミはすべて消えるわけではありません

 

産後や妊娠中のシミは、ホルモンバランスのせいでできるものですが、ホルモンバランスが正常に戻っても、そのまま残ってしまう場合も十分あるのです。

 

実際に私自身も、妊娠中や産後にできたシミやイボ(?のようなもの)もなくならず、ずっと残っています。私は「子を産んだ証!」と考えていますが、気にならないかといえば、やはり女性としては気になります。

 

 

妊娠中、胎児を育てるためにプロゲステロンという女性ホルモンが大量に分泌されます。このプロゲステロンは子宮の収縮を抑制するなど、大切な役割をしますが、メラニンを生成させやすくするという特徴があります。

 

産後はこのプロゲステロンの分泌量が大幅に減りますが、通常の値に戻るまでは半年ほどかかるといわれています。

 

ホルモンバランスが正常に戻って、メラニンが生成されやすい状態から脱したとしても、一度できてしまったシミや濃くなっていったシミは自然に薄くなるというわけではありません。

 

肌のターンオーバーを高め、メラニンを排出していくことも大切です。

 

産後のシミを薄くするためにできること

 

妊娠中から産後にできたシミを薄くする、そして新しくできるシミを防ぐためにできる3つのことをご紹介します。

 

出かけるときは日焼け止めを忘れずに

 

産後はまだまだホルモンバランスが不安定です。慣れない育児で体も疲れている時です。シミができやすい状態が続いているので、紫外線を浴びるのはなるべく避けるようにしましょう。

 

外に出るときは必ず日焼け止めや日傘を使うようにして、紫外線対策をしっかりしてくださいね。

 

紫外線は暑い夏だけでなく、1年中降り注いでいます。目に見えないので油断しがちですが、日焼け止めは冬でも外に出るときは使うようにしましょう。

 

特に、4月から9月は紫外線量は多くなるので、しっかり対策してくださいね。

 

食事やサプリで内側からシミを薄く

 

そして内側からのケアも大切です。ビタミンCは色素沈着を抑制する働きがあります。

 

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれていますね。積極的にサラダやフルーツなどを食べて、色素沈着を防いでくださいね。

 

ビタミンCが配合されたサプリメントや、ドリンクなどを活用するのも方法ですよ。

 

美白コスメでシミを薄く

 

最後に外側からのケアも忘れずに。美白コスメはたくさんありますね。

産後の肌はとてもデリケートになっているので、美白効果の強い刺激の強いコスメはおすすめできません

刺激が低く、肌に優しい成分で作られた美白コスメを選ぶようにしましょう。

 

産後は子育てに追われて忙しいときです。すべて一つで済むオールインワンがおすすめです。

 

美白できるオールインワン、シミウスジェルは口コミでもとても人気のシミ対策コスメです。